京都市下京区の内科、外科、循環器内科、消化器内科、リウマチ科|柳診療所

柳診療所

〒600-8216
京都府京都市下京区塩小路通
烏丸西入東塩小路町579-1 山崎メディカルビル5F

075-351-5500

メインメニューを開く
メインメニューを開く
  • HOME
  • プラセンタ
プラセンタ

プラセンタ療法

プラセンタとは

胎盤のことをプラセンタといいます。

胎盤は、1個の受精卵からおよそ10ヶ月で60~70兆個まで細胞を増殖させ、胎児を形成する臓器です。胎盤は、胎児細胞が増殖する過程で、さまざまな細胞増殖因子やサイトカインを合成し分泌しています。従って、胎児細胞の成長に必要な細胞増殖因子やサイトカインは胎盤においてのみ全種同定することができます。その他、胎盤の中には、さまざまな有効成分、栄養成分、活性物質が含まれており、胎盤の薬効は古くから注目されていました。

胎盤の中に含まれている有効成分

胎盤の中には、下記のような有効成分が含まれていることが分かっています。タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、さまざまな酵素、各種成長因子(肝細胞増殖因子、神経細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子、コロニー形成刺激因子、インシュリン様成長因子、インターロイキンなど)

ラエンネック注射薬

ラエンネック注射薬